金津園高級ソープランドR-GROUP求人サイト

辞めたいとき

辞めたいときは・・・

いつでも辞められます

本当に信じられない話ですが、他店から移籍してきたり、他業種から移籍してくる女の子から、

「前のお店がなかなか辞めさせてくれない」

という話を、最近よく聞きます。

私たちにしてみれば、「辞めさせてくれない」ということの意味が良く分かりません。

「辞めさせてくれない」とは、いったいどういうことなのか?

辞めないでくれ、と説得されるということでしょうか?

それとも、「辞めることは店が認めない」ということなのでしょうか?

法的にいえば解約の申し入れから2週間たてば、雇用関係は自動的に終了します(民法627条)。

※民法627条1項
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

たとえ、就業規則に「退店は3ヶ月前に申し出ること」などと書いてあっても、民法の規定が優先します。

辞める辞めないは女の子の自由

そもそも、雇用された女の子が辞める辞めないの問題は、働く女の子自身が自由に決めていいことがらです。

誰もその意思に反して「辞めさせない」などということはできません。

また、話し合いを行い、その話がつかないと辞められない、ということもありません。

雇用側が認めるとか認めないということは、法的にはまったく無効ですし、そもそも道理に反しています。

よく聞くのは、女の子は「辞めた」といっているのに、店側が「辞めてない」と言い張る例です。

キャスト数を減らしたくないがために、雇用関係を拘束関係と混同しているのではないでしょうか。

女の子が「辞めた」といえば、辞めているのです。誰も、女の子の首に縄をつけて縛り付けることなどできません。

もちろん、辞める辞めないは自由とはいえ、お世話になったお店には、きちんと自分の意思を伝えてキレイに辞めることが大切です。

私たちが「辞める辞めないは自由」というとき、それは「勝手な思い」を応援するために言っているのではありません。

現状あまりにも多く聞く「店による不当な拘束」に対して、雇用関係とはそもそもそういうものではないということを明らかにしたいがために、言っているのです。

R-GROUPの考え方

R-GROUPでは、女の子自身の成長とサクセスをいちばんに考えていますので、働く理由がなくなったときにはいつでも辞めることができます。

目標を達成して卒業するのがいちばん理想的ですが、事情がかわって辞めるときでも同様です。

そもそも、キャストさんが辞めて「ソープをあがる」ことは喜ばしいことではないのですか?

それを「辞めるな」とか「辞めることは認めない」などとは、どういう料簡がそういうことを言わせるのでしょうか。

「辞めるな」と強要する店にあるのは、「キャスト数と売上」の論理だけだと思います。

キャスト数が減る→売上が下がる→(店長である)自分の首が危ない

という危機意識だけだと思います。

R-GROUPは、キャストが辞めたいときに「辞めるな」とは言いません。

卒業するときは「よう頑張ったね、おめでとう」と言って送り出します。

あまりない例ですが、他店に移籍するときでも同じです。

「親にバレたから」とか、そんな嘘をつく必要はありません。

「残念だけど、頑張れ」です。

安心して働いてください!

R-GROUPで働いてきたけど環境を変えたい、他流試合をしたい・・などの理由で退店した方が「やっぱりもう一度R-GROUPで頑張りたい」と戻る例もあります。

R-GROUPでもう一度働きたい方へ